海外の反応 まとめんたる

日本及び海外の面白ニュースや日常生活、カルチャーなどについて海外の人々の反応を中心にまとめています。




    高級食パンブームの先駆けと言われる、食パン専門店の「乃が美」が今回の話題です。
    パンが主食の国々の人から見ると日本のパンはちょっと違うぞ、と言う意見が多いようです。


    【海外の反応| 高級「生」食パン専門店の乃が美のパンを巡って侃侃諤諤】の続きを読む

    These pictures are from Japan, approximately 180 years ago and they refer to an unknown object that allegedly washed ashore in 1803 in Hitachi province on the eastern coast of Japan. According to legend, an attractive young woman aged 18-20 years old, arrived on a local beach aboard the hollow ship from r/aliens



    ■常陸国のうつろ舟


    虚舟の伝説の中でも最も広く知られているのは、享和3年(1803年)に常陸国に漂着したとされる事例である。江戸の文人や好事家の集まり「兎園会」で語られた奇談・怪談を、会員の一人曲亭馬琴が『兎園小説』(1825年刊行)に『虚舟の蛮女』との題で図版とともに収録され今に知られているほか、兎園会会員だった国学者・屋代弘賢の『弘賢随筆』にも図版がある。この事例に言及した史料は現在までに7つが確認されており、内容には若干の異同がある。

    その内容は概ね以下のようなものである。

    • 享和3年(1803年)、常陸国鹿島郡にある旗本(小笠原越中守、小笠原和泉守などとされる)の知行地の浜に、虚舟が現れた。
    • 虚舟は鉄でできており、窓があり(ガラスが張られている?)丸っこい形をしている。
    • 虚舟には文字のようなものがかかれている。
    • 中には異国の女性が乗っており、箱をもっている。

    2014年5月26日付けの『茨城新聞』は川上仁一の忍術を伝える伴家の古文書から「うつろ舟奇談」に関わる史料があり、漂着地の実在地名が「常陸原舎り濱」(現在の神栖市波崎舎利浜)と記され、具体性があると岐阜大学の田中嘉津夫名誉教授が発見したと報じた。江戸時代のUFO飛来事件ではないかとも言われている。

    (Wikipediaより:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%9A%E8%88%9F)



    【海外の反応| 1803年に茨城県に漂着した謎の物体や異国の女性がUFOと宇宙人なのではと話題に】の続きを読む

    [OC] I have applied ~10 neural networks to upscale views of Tokyo from 1913 to 4k and 60 fps, I hope you will like it 🇯🇵 from r/japan



    1913年~1915年の東京の古い映像。
    【海外の反応| 大正時代の東京の映像を見て、100年でとんでもない躍進を遂げた日本に改めて敬服するわ】の続きを読む

    このページのトップヘ