海外の反応 まとめんたる

日本及び海外の面白ニュースや日常生活、カルチャーなどについて海外の人々の反応を中心にまとめています。

    O




    【海外| 満面の笑みを浮かべながら美女のアレを揉みしだくオランウータンに世界中の男が嫉妬】の続きを読む

    アジア系アメリカ人の31%は、コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、人種差別的中傷やジョークの対象になっていると述べています。


    the Pew Research Centerの新しい報告によると、アジア人とアフリカ系アメリカ人の約40%は、コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、人種や民族を理由に周囲の人々が不快な行動をとっていると感じています。

    また、アジア系アメリカ人のほぼ3分の1(31%)は、人種差別的な中傷やジョークの対象となっていると述べ、26%は誰かに暴力を振るわれるのではないかと懸念していると述べています。

    「特にアジア人と黒人は、パンデミックが始まって以来、彼らは実際に変化を感じている」とセンターのグローバル移住と人口統計学の副ディレクターで研究の主執筆者であるニール・ルイスは言った。

    白人とヒスパニック系アメリカ人は、パンデミック中の人種や民族性に基づいて否定的な経験を報告する可能性ははるかに低いとルイスは言った。

    水曜日に発表されたこの調査は、6月4〜10日に実施された同センターのAmerican Trends Panelからの9,654人の米国成人の調査に基づいています。


    【海外| 【悲報】新型コロナウイルスの世界的蔓延以降、アメリカに住むアジア人の肩身は狭くなる一方】の続きを読む

    ブラッド・ピットは、なぜ私たちアメリカ人はマスクをしないのかと疑問に思ったとコメントしました。

    新型コロナウイルス感染の数が増加する中、世界中の人々はマスク着用の有効性について議論し続けています。

    一部の人々、特に日本などのアジアの国々では、パンデミックのずっと前からマスクを着用していました。飛沫感染が主な経路と考えられている場合は、口と鼻をマスクで覆うことは理にかなっています。

    他の文化圏の人にとっては、マスクは人権侵害のようなものと捉えられることもあり、人々は憲法上の権利を引用し、健康への影響について根拠のないマスクの着用を拒否します。

    確かに、世界保健機関は、パンデミックの際のマスク着用に関するアドバイスをコロコロと替えたので、感染拡大の早い段階で世界中の混乱を助長しました。世界保健機関のガイドラインは以下のように更新されました:

        「一般市民は、感染が広範囲に及ぶ場所や、公共交通機関、店内、その他の閉ざされた場所や混雑した環境など、物理的な距離をとるのが困難な場所では、非医療用マスクを着用する必要があります。」

    WHOは、ウイルスの蔓延を阻止するためのマスクの有効性を提言するのが遅すぎましたが、誰もがその理解に時間がかかる訳ではありません。実際、ハリウッドの映画スター、ブラッドピットは昨年、新型コロナウイルス感染が拡大する数ヶ月前に、フェイスマスクの使用についてコメントしていました。


    「最初に空港に降り立った時にマスクを着用している人をたびたび見かけて奇妙だなと思いました。でも、私はマスクをしている人は、他の人に風邪をうつさないようにしているのだと理解するようになりました、そしてそれはとても思いやりのあることだと思います。なぜ他の国々がそれをしないのかわからない。そして、なぜ私たち(アメリカ人)がそれをしないのだろうか。」


    【海外の反応| 日本人の思いやりの深さが半端ないとブラッド・ピットさんが衝撃を受ける。】の続きを読む

    このページのトップヘ