海外の反応 まとめんたる

日本及び海外の面白ニュースや日常生活、カルチャーなどについて海外の人々の反応を中心にまとめています。

    ニュース



    マージョリー・アルストンは、ノースカロライナのボーイフレンドと一緒にブラックライブマター抗議に参加しました。行進、詠唱、仲間の抗議者との団結の最中、26歳のザビエル・ヤングは片膝をついてアルストンに妻になるように頼みました。

    「抗議の際に私がプロポーズをすることになるとは思いもしなかった」とヤング氏はCNNに語った。 「しかし、私たちが抗議活動に行くことにしたとき、他の持ち物一緒にに指輪をバッグに入れました。抗議活動が少しペースを落としたとき、私は水を取り出そうとしたように見せかけて、指輪を取り出して、彼女に結婚するように頼みました。 」

    二人の最初の子供を宿して4ヶ月になる23歳のアルストンは、ヤングが彼女にプロポーズする大胆な方法を探していることを知っていたと語った。 しかし、彼が抗議活動中にそれをしたとき、彼女は完全にショックを受けましたが、すぐにイエスと言いました。

    「私は本当にこれを期待していなかったけれど、とても嬉しかった。それは非常に甘くて思い出深いものだった。私はその瞬間をいつまでも覚えているだろう」とアルストンは言った。


    【海外| Black Lives Matterの抗議活動中にプロポーズ、ささくれだった心に一滴の癒し】の続きを読む



    北京は、最大の卸売食品市場から新たなコロナウイルス症例のクラスターが出現した後、厳格な封鎖措置を導入し、大量試験を展開しているが、致命的な大発生の再発の恐れを引き起こしています。

    全国保健委員会によると、中国の首都は月曜日に36の新しいCovid-19症例を報告し、過去2カ月間で初めて感染が報告されてからの感染者総数は79となりました。

    北京市では2か月近く新しい感染がありませんでしたが、卸売食品市場から新たなコロナウイルス症例が新たに増え始めました。これらの事件は、首都南西部のシンファディ市場に関連しており、首都の新鮮な果物や野菜のほとんどを供給しています。 肉や魚介類も販売する市場は土曜日から閉鎖されている。

    発生はすでに遼寧省と河北省に広がっており、合計5つの新しい症例が北京在住感染者との接触があったことが判明しました。新しいクラスターは中国全土にショックを与え、北京の市政府広報担当者は日曜日の記者会見でそれを「異常な期間」と表現しました。

    中国の国家メディアは、海外での感染と死者の数が急増しているため、ウイルスの封じ込めにおける中国の効果的な対策と西側諸国、特に米国の失敗とは対照的だとを繰り返し宣伝しています。


    【海外| 中国でコロナパンデミックの第二波が始まった? 世界は第二波来襲の確率について悲観的な模様】の続きを読む



    東京都は月曜日に48人の新しいコロナウイルス感染を確認しました。 47人のケースを報告した前日に続き 5月5日以来最大の新規感染者数となりました。

    東京都によると、48件中20件は、主にいわゆるホストクラブを対象とした集団検診で確認された。

    東京都は、新宿の歌舞伎町などの首都圏の繁華街でのウイルスの蔓延を防ぐための新しい対策の一環として、定期的にコロナウイルス検査を受けるようにナイトクラブや同様の娯楽施設で働く人々に求めています。

    小池百合子都知事は日曜日、経済再生大臣の西村康稔氏と会談した後、「積極的なテストを通じて、感染を意識し、他人にウイルスを感染させないようにしたい」と語った。

    日曜日に報告された47例のうち、18例は歌舞伎町で新たに開始されたグループ検査を通じて確認され、14例はナイトスポットに関連していた。


    【海外の反応| 日本は大丈夫? 東京都の月曜日の新規感染者数が48人だって。】の続きを読む



    ジョージフロイドが警察の手によって亡くなった後、アメリカ周辺で急速に展開している南北戦争の南軍の記念碑を破壊する動きは、クリストファーコロンブス、セシル・ロードス、ベルギーの王レオポルドIIを含む世界中の奴隷商人、帝国主義者、征服者、探検家の像にまで及びました。。

    ボストンなどの都市では、抗議行動と、場合によっては破壊行為が行われています。ニューヨーク;パリ;ブリュッセル;英国のオックスフォードでは、何世紀にもわたる人種的不正の徹底的な再検討が行われていました。学者の意見は、キャンペーンが歴史を消去することになるか、それを更新することになるかについて、分かれています。

    ニュージーランドで4番目に大きい都市ハミルトン市では、イギリスの海軍将校ジョンハミルトン大尉の銅像を金曜日に撤去しました。マオリ族が像の撤去を要求し、1人のマオリの長老が自分でそれを破壊すると脅した翌日のことでした。ハミルトン市は、1860年代に先住民族のマオリ人を殺害したとして告発された男の像が破壊されることは明らかであると語った。市は名前を変える計画はありません。

    オックスフォード大学では、抗議者たちは、アフリカ南部のケープコロニーの首相を務めたビクトリア朝の帝国主義者であるロードスの像を撤去するために長年の努力を続けてきました。彼は酷い条件で働かせた鉱山労働者により採掘された金とダイヤモンドから財産を作りました。

    オックスフォードの副学長であるルイーズリチャードソンは、BBCとのインタビューで、この考えを否定しました。

    「私たちは過去を直視する必要があります。歴史を隠すことは悟りへの道ではないと個人的には考えます。」」と彼女は言いました。


    【海外| 次は本や映画か? 世界中の奴隷商人、帝国主義者、征服者、探検家の像を破壊中。】の続きを読む



    「Black Lives Matter」と書かれた手作りの看板を掲げ、日曜日に何百人もの人々が東京で平和に行進しました。

    行進が始まった代々木公園の群衆の中に立つシダラ・ミツアキ氏は、日本には差別問題がたくさんあるが、見落とされていると語った。

    「私たちは同じ人間なのに、国籍、性別、宗教、肌の色によって分けられる」と言う彼は「愛」という日本語の文字が付いたペンダントを身に着けていた。

    「米国で起こっていることは、400年経っても人種差別が続いていることを示している」と食品メーカーで働いているシダラ氏は言った。

    別の参加者であるコサカ・ミオ氏は、両親が日本人と中国人だったため、北京と東京で育った。その時に自分も差別され続けたと語った。

    米大学でデザインを学んでいるコサカ氏は、「外見で差別するのは間違っていると思うし、日本にもアメリカ人の気持ちに寄り添っている仲間がいるというメッセージを伝えたかった」と語った。

    「差別があることさえ知らない人もいる。意識を高める必要がある」と彼女は付け加えた。


    【海外の反応|なぜ、東京でBlack Lives Matter運動を支持するデモ行進が東京で平和に行われた?】の続きを読む

    このページのトップヘ