海外の反応 まとめんたる

日本及び海外の面白ニュースや日常生活、カルチャーなどについて海外の人々の反応を中心にまとめています。

    ニュース



    世界が効果的なCovid-19ワクチンの製造に取り組んでいますが、一部の専門家は、ほとんどすべての人がすでに手に入れている既存のワクチンが役立つ可能性があると示唆しています。

    ポリオワクチンなどの既存のワクチンが子供たちを様々な感染症から守るという証拠はたくさんあります。新しいコロナウイルスに対してポリオワクチンが子供たちを守れるかを試す価値があるという専門家チームの論文がサイエンス誌に掲載されました。

    HIVを発見した科学者の1人とFDAのワクチンの専門家を含むこのチームによると、経口ポリオワクチンは安全で、安価で、手に入れやすく、広く入手可能で、毎年10億回分以上のワクチンが生産され、140か国以上で使用されています。ワクチンは世界中のポリオをほぼ撲滅しました。

    経口ポリオワクチンは、ポリオウイルスの弱体化させたものを使用しています。 弱毒生ワクチンは強力で長期にわたる免疫反応を生み出す、とワクチン専門家は述べました。

    ウイルスの遺伝物質を使用する最新のワクチンよりも製造に時間はかかりますが、コロナウイルスワクチンの開発に取り組んでいる米国とヨーロッパの企業はより迅速な方法に焦点を合わせています。

    FDAのコンスタンチン・チュマコフ氏とメリーランド大学医学部人間ウイルス学研究所のロバート・ガロ博士らは、同僚とともに、少なくともコロナウイルスに効果があるかどうかを確認するためにテストすることは理にかなっていると述べました。


    【海外| ワクチン専門家さん、経口ポリオワクチンがコロナウイルスの感染を防ぐのに役立つかもしれない。】の続きを読む

    Xi’s Japan visit ‘unlikely to go ahead’ as mood sours towards China from r/worldnews


    日本の安倍晋三首相の最近の香港へのシフトと中国に対する国民の否定的態度の高まりによって、習近平国家主席の東京訪問が今年の予定通りに進むとは考えにくいというのが外交筋の見解である。

    先月、香港の国家安全保障法を推進する中国に対して、日本は西側同盟国と共同の非難声明を出すことを拒否したと伝えられたが、今週、安倍首相は日本がG7諸国の中で香港の国家安全保障法に関する懸念を表明する共同声明を発表する際に主導権を握る意向を示した。

    この変化により、一部の中国では、長年の敵意の後の関係における最近の雪解けが終わったかどうかを尋ねるように促された。

    安倍首相は今年4月、2008年以来の中国国家主席による訪問を迎える予定だった。しかし、この訪日はCovid-19の大流行のために延期された。新しい予定は設定されていません。


    【海外の反応| 中国に対して否定的な見方をする日本人が増えているらしい? 世界がの間違いだろ?】の続きを読む



    若いアメリカ人のセックスの回数が減少しています。そして、これはコロナウイルスのパンデミックのせいばかりではありません。

    米国の成人からの調査データを研究したサンディエゴ州立大学の研究者によると、性的活動をしない若いアメリカ人男性が2000年から2018年の間に増加しました。成人期の後退とインターネットとデジタルメディアの成長がその理由かもしれません。

    心理学者は、4,000人の男性と5,000人の女性を対象として性的頻度と性的パートナーの数など各質問への回答データを分析しました。

    失業者、パートタイムの雇用、または低所得の男性は性的活動をしない割合が多い。また、性的活動をしない18歳から24歳の男性の割合は、18.9%(2000年 - 2002年)から30.9%(2016年 - 2018年)のに増加したとこの心理学者は指摘しています。

    また、25歳から34歳の女性もセックスの回数が少ないと医学雑誌JAMA Network Openにて発表され、特に女子学生が最も影響を受けやすいと指摘している。


    【海外| 大変だ、若いアメリカ人のセックス離れに歯止めがかからない。】の続きを読む



    衛星画像を見てください。 中国武漢市にある病院の駐車場です。 2018年10月に撮影されました。もう1つは、ほぼ1年後の2019年10月に同じ場所を撮影したものです。

    ここで違いを見てみましょう。

    ハーバード大学とボストン大学の研究者チームによると、彼らはコロナウイルスのパンデミックが始まった武漢市周辺の111を超える医療施設の画像を調べてきました。それらの画像は、ある傾向を明らかにしているようです。

    つまり、去年の8月から、何かが医療施設をいつもより忙しくしているのです。この「デジタル疫学」の演習は今週公開され、ウイルスが以前に考えていたよりもはるかに早く人々に広がっていたのではないかという疑いが出てきました。

    中国は公式に最初のクラスターを報告したのは、2019年の大晦日でした。後に世界保健機関に、これらの患者の最も早い症状は12月8日まで遡ると伝えた。


    【海外| コロナウイルスの震源地にある病院の駐車場の衛星写真は、パンデミックが昨年10月に蔓延していたことを示している?!】の続きを読む



    多くの子供たちは、コロナウイルスの流行対策のために、学校生活に不満と失望を表明しています。

    先月の緊急事態が解除された後、多くの学校が授業を再開したが、専門家たちは、生徒が学校に通うのを嫌い始める可能性があることを懸念している。

    東京にある中高生向けの私立学校では、教職員が学校の近くの通りに立って、生徒たちが互いに話したり近づいたりしないように警告する標識を掲げていました。明るく元気なおしゃべりを我慢して、生徒たちは静かに通学します。

    ソーシャルメディアやオンラインディスカッション掲示板では、「会話が禁止されているのでランチはつまらない」、「休憩時間に遊べなくて楽しくない」などのコメントが生徒から寄せられています。

    新入生の中には、重要な学校行事のキャンセルのために友達を作ることができないと言う人もいれば、教師の監督が彼らを怖がらせていると言う人もいます。


    【海外の反応| 日本の学校は、あれもダメ、これもダメで学校が楽しくないという子供が増えていてかわいそうだけど、仕方ないよね】の続きを読む

    このページのトップヘ