注意欠陥多動性障害(ADHD)の最初のビデオゲームベースの治療が、米国食品医薬品局(FDA)によって承認されました。EndeavorRxと呼ばれ、月曜日に承認されたビデオゲームは医師の処方のみとなり、特定の種類のADHDの8歳から12歳までの子供を対象としています。これは、臨床医の治療、投薬、教育プログラムなどの他の治療法と併用されます。

ADHDは神経発達障害であり、通常、子供の頃に最初に診断され、成人期まで続く可能性があります。
6歳から11歳の約400万人の子供がADHDの影響を受けています。ADHDの症状には、集中力を維持し、注意を払うことが困難で、行動を制御することが困難なことが含まれます。

これは、FDAが販売承認をした最初のゲームベースの治療法であると、エージェンシーは述べています。

「EndeavorRxデバイスは、子供のADHDに関連する症状を改善するための薬物以外の選択肢を提供したデジタル治療の成長分野の重要な例です」と、FDAのデバイスおよび放射線医学センターのディレクターであるJeffrey Shuren博士が プレスリリースで述べました。

モバイルデバイスにアプリとしてダウンロードできるこのゲームは、FDAが600人以上の子供を対象に5つの臨床試験を検討した結果、マーケティングが承認されました。

当局は、欲求不満、頭痛、めまい、感情的反応、攻撃性などのいくつかの負の影響が報告されていることに言及したが、「深刻な」副作用は報告されていないと述べた。

ゲームをプレイしている間、子供たちは障害物が点在するコースをアバターで操縦し、目標を集めて報酬を獲得します。EndeavourRxを開発した「Akili」は、子供たちは1か月の治療サイクルの中で、1日30分、週5日、ゲームをする必要があると述べています。

プレスリリースで、AkiliのCEOであるEddie Martucciは、このゲームはADHDに悩む子供たちの注意機能を改善することが示されたと語った。


【海外| アメリカで注意欠陥多動性障害(ADHD)の新たな治療法としてビデオゲームが認可される。】の続きを読む