海外の反応 まとめんたる

日本及び海外の面白ニュースや日常生活、カルチャーなどについて海外の人々の反応を中心にまとめています。

    マスク

    ブラッド・ピットは、なぜ私たちアメリカ人はマスクをしないのかと疑問に思ったとコメントしました。

    新型コロナウイルス感染の数が増加する中、世界中の人々はマスク着用の有効性について議論し続けています。

    一部の人々、特に日本などのアジアの国々では、パンデミックのずっと前からマスクを着用していました。飛沫感染が主な経路と考えられている場合は、口と鼻をマスクで覆うことは理にかなっています。

    他の文化圏の人にとっては、マスクは人権侵害のようなものと捉えられることもあり、人々は憲法上の権利を引用し、健康への影響について根拠のないマスクの着用を拒否します。

    確かに、世界保健機関は、パンデミックの際のマスク着用に関するアドバイスをコロコロと替えたので、感染拡大の早い段階で世界中の混乱を助長しました。世界保健機関のガイドラインは以下のように更新されました:

        「一般市民は、感染が広範囲に及ぶ場所や、公共交通機関、店内、その他の閉ざされた場所や混雑した環境など、物理的な距離をとるのが困難な場所では、非医療用マスクを着用する必要があります。」

    WHOは、ウイルスの蔓延を阻止するためのマスクの有効性を提言するのが遅すぎましたが、誰もがその理解に時間がかかる訳ではありません。実際、ハリウッドの映画スター、ブラッドピットは昨年、新型コロナウイルス感染が拡大する数ヶ月前に、フェイスマスクの使用についてコメントしていました。


    「最初に空港に降り立った時にマスクを着用している人をたびたび見かけて奇妙だなと思いました。でも、私はマスクをしている人は、他の人に風邪をうつさないようにしているのだと理解するようになりました、そしてそれはとても思いやりのあることだと思います。なぜ他の国々がそれをしないのかわからない。そして、なぜ私たち(アメリカ人)がそれをしないのだろうか。」


    【海外の反応| 日本人の思いやりの深さが半端ないとブラッド・ピットさんが衝撃を受ける。】の続きを読む

    Florida-Man tries to force his way into Walmart without a mask


    young Karen throwing a fit over being asked to wear a mask...


    Karen’s got a breathing problem


    she didn't want to wear a mask 2




    【海外| マスクを着用していないためサービスを拒否されて荒ぶるアメリカ人さんたちが話題に】の続きを読む



    アジア最大の小売業者は、適切な製品を適切なタイミングで入手できるように企業努力しています。ユニクロフェイスマスクです。

    衣料品店の運営をしているファストリテイリングは声明で、金曜日から日本で再利用可能なフェイスマスクの販売を開始すると発表した。同社によると、マスクは3枚セットで販売され、小売価格は990円(9ドル)で、パフォーマンスと快適さの両方を目指しているという。

    ユニクロは、コロナウイルスのパンデミックが世界中のライフスタイルを覆し、人々の働き方、服装、食事の仕方を変えているため、新しい製品やサービスを提供しようとする企業の輪に加わります。企業はその変化に適応するために競争しています。ファストリテイリングは、マスクの製造および販売の決定は顧客の需要によるものであると述べました。

    ファーストリテイリングによると、ユニクロのマスクを日本国内の本拠地以外で販売する計画が発表されたという。全世界で2,000以上の店舗があり、年間売上高は200億ドルを超えるため、マスクを販売する最大の小売業者の1つになります。 Gap Inc.、Madewell Inc.、Adidas AGなどの他の大手アパレルメーカーも最近フェイスマスクを導入しました。

    週に50万枚のマスクを生産する予定のファストリテイリングは、日本の繊維会社である東レ株式会社と共同で開発した通気性の高いエアリズム生地をマスクに使用する。

    声明によれば、マスクの細菌濾過効率は99%で、20回洗浄しても保持されます。 エアリズムは、通気性のある夏の衣類の販売によく使用されます。これは、当局がマスクを着用すると熱中症の危険性が高まっているという警告を発し始めた日本の暑い夏に先立って、魅力的です。

    COVID-19を引き起こすウイルスの伝染がアジアでより低くなった理由の1つとして、日本や他のアジア諸国で一般的に着用されているフェイスマスクが挙げられています。 米国では、指導者からのさまざまなメッセージの中で、マスクの使用が論争を呼んでいます。


    【海外の反応| ユニクロさんが「エアリズムマスク」作ったら世界中から自分の国でも売ってくれと大合唱】の続きを読む




    多くの業界の企業が、コロナウイルスから身を守りながら、この夏、人々が涼しい状態を保つのに役立つマスクの開発を急いでいます。

    医療専門家が高温多湿の状態でマスクを使用すると、呼吸困難や脱水症状を引き起こす可能性があると警告しているため、適切な夏用マスクの需要は世界中で高まっています。

    これまでマスクを製造したことがない業界の企業でさえ、解決策を考え出し、冷却を維持するハイテク素材からクーラントパックを搭載するマスクまで、さまざまなアイデアをテストしています。

    ミズノは5月下旬に、水着や陸上で通常使用されるやわらかなストレッチトリコット素材のマスクの販売を開始した。

    伸縮性のあるトリコットを使用することで、マスクを繰り返し洗浄できますし、また着用時のストレスを減らすことができます。



    【海外の反応| 待ってましたジャパンクオリティ! ミズノが開発した夏用マスクを欲しがる声多数】の続きを読む

    パンデミックに関する政府の専門家パネルによると、日本が世界の多くの地域で見られる重いコロナウイルスによる死者数を回避した理由の1つは、マスク着用(米国の多くの人にとっての嫌悪感)です。

    「顔を何かで覆うこと」は世界の一部の地域で怒りの対立を引き起こし、また、パンデミック初期は世界保健機関によってマスクは無効であると報告されました。しかし、マスクを着用することは、祖霊以前から日本においては日常生活の一部でした。しかし、マスクがウイルスを封じ込めるには十分というわけではありません。

    5月27日水曜日の時点で、日本は16,000以上の感染とウイルスによる約850人の死亡を確認しており、これは7つの主要経済圏の中で最も低い数字です。しかし、今週の北九州での感染拡大に対して政府が調査のためにチームを派遣したことからもわかるように危機の終息からはまだ程遠いということを政府が懸念していることがうかがえると、NHKは述べている。

    専門家パネルが提供した書面によると、国が活動の再開に向かっているとしても、専門家はクラスターをこれまで以上に迅速に排除し、より深刻な感染の第2波を防ぐ必要があると書かれています。これは、PCRと抗原検査に加えて感染リスクの高い状況を人々が回避する必要があることを意味します。

    安倍晋三首相は、感染者数が停滞していると判断し、5月25日月曜日に緊急事態を解除しました。彼は別の大規模な感染蔓延に対する予防策と並行して、経済的および社会的活動の漸進的な再開のための計画を示した。

    現在、日本はCOVID-19に比較的上手く対処していると見られていますが、医療制度は崩壊に近づきました。法的強制力のある封鎖はありませんでしたが、社会的な距離の確保により深刻な経済的困難が引き起こされたと早稲田大学のジャーナリズムの准教授である田中幹人氏はコメントしている。

    【海外の反応| 日本の清潔に対する規律は素晴らしい!!COVID-19死者数を低く抑えたのは日頃からの生活態度のおかげ!】の続きを読む

    このページのトップヘ