アジア系アメリカ人の31%は、コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、人種差別的中傷やジョークの対象になっていると述べています。


the Pew Research Centerの新しい報告によると、アジア人とアフリカ系アメリカ人の約40%は、コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、人種や民族を理由に周囲の人々が不快な行動をとっていると感じています。

また、アジア系アメリカ人のほぼ3分の1(31%)は、人種差別的な中傷やジョークの対象となっていると述べ、26%は誰かに暴力を振るわれるのではないかと懸念していると述べています。

「特にアジア人と黒人は、パンデミックが始まって以来、彼らは実際に変化を感じている」とセンターのグローバル移住と人口統計学の副ディレクターで研究の主執筆者であるニール・ルイスは言った。

白人とヒスパニック系アメリカ人は、パンデミック中の人種や民族性に基づいて否定的な経験を報告する可能性ははるかに低いとルイスは言った。

水曜日に発表されたこの調査は、6月4〜10日に実施された同センターのAmerican Trends Panelからの9,654人の米国成人の調査に基づいています。


【海外| 【悲報】新型コロナウイルスの世界的蔓延以降、アメリカに住むアジア人の肩身は狭くなる一方】の続きを読む