海外の反応 まとめんたる

日本及び海外の面白ニュースや日常生活、カルチャーなどについて海外の人々の反応を中心にまとめています。

    ワクチン



    • 中国北京に拠点を置くSinovac Biotech Ltdは、コロナウイルスの死んだ株を使用するCoronaVacと呼ばれるワクチンを開発しました。
    • フェーズIは安全性をテストし、薬からの深刻な副作用を報告した参加者はいなかった。
    • 14日間で2つのジャブを受けたフェーズIIの参加者の90%以上が中和抗体を生成しました。
    • 同社は、中国と諸外国の両方で公的使用が承認される前の最後のステップであるフェーズIIIを開始するために書類を提出しました。


    中国の企業は、新規コロナウイルスに対するワクチン候補のヒト試験からの肯定的な初期データを報告しています。北京に本拠を置くSinovac Biotech Ltdは、同社が開発したワクチンは安全に免疫反応を引き起こすことができると言っています。

    CoronaVacと呼ばれるこのワクチンは、ジャブを投与された2週間後、試験参加者の90%以上の中和抗体を誘発しました。さらに、日曜日のプレスリリースによると、どの患者も重篤な副作用を報告していません。

    中国東部の江蘇省疾病予防管理センターで実施されたこの試験は、無作為化され、二重盲検で、プラセボ対照であった。

    これまでのところ、18歳から59歳までの743人の健康な参加者は、2つのスケジュールまたはプラセボでショットを受けました。

    そのうち、143人のボランティアがフェーズIに参加し、ウイルスの死んだ系統である予防接種の安全性をテストしました。彼らは現在フェーズIIにあり、14日間で2回注射した後に抗体が誘発されるかどうかを見ています。

    同社の広報担当者は、別のグループが28日間隔でショットを与えられ、それがより効果的かどうかを確認すると述べています。


    【海外| ウイルスをまき散らした中国がワクチン開発? 中国製のワクチンが色々物議を醸す】の続きを読む



    英国で製造された2番目のコロナウイルスワクチンは、水曜日に人間を対象とした試験を開始する予定であり、それが機能することが証明されれば、1人あたりわずか3ポンド(約410円)で受けられそうです。

    インペリアルカレッジロンドンの科学者たちは、ワクチンが安全かどうかを確認する人体試験の第1フェーズの承認が今日通過することを期待しています。

    最初の120人の参加者は、科学者がコロナウイルスに感染していないことを確認した約48時間後に接種することになります。

    予防接種候補の開発を担当しているロビン・シャトック教授は、英国の人口全体が2億ポンド弱の「本当に良い価値」のワクチンを接種できるように、できる限り安く​​したいと語った。

    インペリアルプロジェクトには、NHS(国民保健サービス)全体とすべてのソーシャルケアワーカーに十分な量のワクチンを製造するのに十分な資金がすでにあります。

    今週から始まる試験が成功した場合、6,000人が参加する2番目の試験が次に行われます。しかし、シャトック教授は、すべてが計画通りに進んだとしても、早くても2021年までワクチンは入手できないと語った。

    臨床試験に入る最初の英国製ワクチンはオックスフォード大学によって開発されました、そして政府はそれが9月までに準備ができることを望んでいます。


    【海外| イギリスで開発中のコロナウィルスワクチン第二弾が人体を対象とした試験をスタート。なお第一弾は今年の9月には実際に提供できる予定。】の続きを読む

    世界的なワクチン開発競争においては海外の製薬会社がリードしているようですが、日本政府は国内供給による安定供給の確保を推進しているので、日本の製薬会社はコロナウイルスのワクチン開発を加速しています。

    世界保健機関によると5月27日現在、人間に投与する試験段階まで来ている10を含む、約125のワクチン候補が世界的に開発中です。しかし、予想される需要量を考えると、政府は、外国のワクチンの供給が制限されることで、日本の人々が広く利用できない可能性があることを懸念しています。

    厚生労働省の関係者は、「必要な量を確保する必要性という点では、日本企業が国内で製造したワクチンが一番だ」と語った。

    政府筋は5月下旬に、生産者向けの補助金プログラムを開始することにより、コロナウイルスワクチンの大規模製造を促進することを決定したと発表した。彼らは、ワクチンが使用に適していると思われた後、すぐにワクチンを利用できるようにしたいと言った。

    大阪大学教授が設立したバイオ医薬品の新興企業であるアンジェス社は、タカラバイオ社が製造したDNAワクチンの臨床試験を7月にも開始する予定で、2021年3月頃にはヒトへの投与を目指していると語った。


    【海外の反応| さすが日本!!ワクチン開発競争が激化してるみたいだけど、供給量確保のため日本製のコロナウイルスワクチンを推進中】の続きを読む

    世界保健機関は、コロナウイルスのパンデミックのために世界中で8000万人もの赤ん坊がルーティンとなっている小児期ワクチンを逃していると述べました。

    WHO、Gavi(the global vaccine initiative)、ユニセフ(国際児童基金)、およびSabinワクチン研究所による共同ニュースリリースによると、パンデミックは少なくとも68か国のワクチン接種プログラムを混乱させました。ニュースリリースによれば、それらの国には8000万人の1歳未満の子供たちが住んでいると述べました。

    ユニセフ事務局長のヘンリエッタ・フォア氏は記者会見で、「1つの致命的なアウトブレイクを別のアウトブレイクにつなげてはいけない」と語った。

    WHOは、パンデミックの最中にワクチン接種を安全に再開する方法について各国に新しいガイダンスを発表しました。「私たちが発見した大きな問題の1つは、人々が予防接種サービスに来ることに消極的であるということです-自分自身への懸念から、そしてもちろん、医療従事者への懸念から」、WHOワクチンディレクター、ケイトオブライエン博士記者会見で語った。

    さらに、移動の制限、コロナウイルスによる療養、またはマスクなどの個人保護具の欠如のために、通常ワクチンを行う医療従事者の数が少ないと、グループは述べた。

    引用元:


    【海外| 【WHO】コロナのせいで世界中の赤ちゃんにワクチンが打てない、どうしてくれるんだ!!】の続きを読む



    Bill Gates氏の2020年4月30日のブログによると新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチンは、人類史上最速(9カ月―2年程度)で開発されるだろうととのことです。これまでワクチンの開発には少なくとも5年以上を要していることを考えると画期的な出来事となりそうです。さて、新型コロナウイルスのワクチンが完成した時、あなたはそれを接種しますか?という質問に対する回答は…。


    ■このFacebookの投稿に対するコメントでの回答(115件  5/20 14:35現在)
    Yes:40
    No:33
    分からない:9
    それ以外のコメント:33


    引用元:
    【海外の反応| 新型コロナウイルスのワクチンが完成した時、あなたはそれを接種しますか?】の続きを読む

    このページのトップヘ