プレミアムエコノミーで2階建てのフルフラットシートを使用して飛行機のキャビンを再構成する設計は、Covid-19の広がりからのさらなる保護を求める航空機利用者への可能な解決策として高く評価されています。

パンデミックをきっかけとして必要とされる新しい様式において、ジェフリー・オニールがデザインしたZephyr Seatは、他の同乗者からの孤立した空間を提供できます。

「これからの旅行者はプライバシーや、ゆっくりと眠ることができる空間に対して料金を支払うことを望んでいると私たちは信じています」 。

Zephyr Seatを使用すると、航空会社は2階建ての座席を2-4-2の構成で提供できるため、オニール氏は、世界の航空会社の大半が既存のプレミアムエコノミーキャビンと同じ座席密度を維持できると述べています。

オニールは、数年前のニューヨークからシンガポールへの眠らない飛行(当時世界最長の商業飛行)に触発された。超長距離の旅の途中、プレミアムエコノミーの席に座りながらオニール氏は目を瞑ることがなかったことに気づきました。

「私はおそらく世界で最も評価の高い航空会社を利用しており、素晴らしいサービスを受けており、食事は食べられますが、眠ることはだけはできなかった」と彼は思い起こす。 「これは本当に不快です。なぜ19時間のフライトで横になれる方法を見つけることが難しいのか理解に苦しむ。」

飛行機の座席スペースを不動産に例えると非常に高価です。航空会社は通常、スペースを犠牲にしたくありません。

しかし、オニール氏はアルゼンチン旅行で乗った長距離バスを思い出しました。バスは二段ベッドを利用していて、値段やサービスだけ見たら豪華なシンガポールへの空の旅よりもはるかによく眠れました。これこそが解決策になるだろうと彼は思いついた。

このアルゼンチンから2年、オニール氏のアイデアはデザインパートナーと一緒に考え出したナプキンの図面の裏から卒業して、等身大のモックアップになり、その実現可能性を証明していると語っています。
(上記は一部抜粋です。記事中には、人が横になった状態の写真があります。)


【海外| 次世代の航空機の機内デザインが画期的なのに、反応はイマイチ?!】の続きを読む