電池は、輸送および産業からの排出を削減するための鍵です。 欧州グリーンディールとEU循環経済行動計画の両方で、ヨーロッパで持続可能なバッテリーバリューチェーンを構築する必要性について言及しています。

「アジアは現在、バッテリーの開発と生産の道を先導しています。 欧州の自動車産業が競争力と持続性の両方を維持することを望む場合、バッテリーの独立性が必要です」とLars Petter Maltby氏は言います。

彼はEYDEクラスターのイノベーションセンターのセンター長、すなわち持続可能なプロセス産業のためのノルウェー専門家センターを率いています。 Elkem、Eramet Norway、Glencore Nikkelverk、Norsk Hydro、RECなどの業界のヘビーウェイトが頼りにするEYDEクラスターは、ノルウェーにおける持続可能なバッテリーバリューチェーンの拡大を先導しています。

この取り組みは現在、大きな前進を遂げています。ノルウェーで最初の本格的なバッテリー工場であるモローバッテリーの設立が発表されました。

「これにより、ノルウェーのバッテリーエコシステムが大幅に強化されます」とMaltby氏は言います。

Maltby氏は、ノルウェーがヨーロッパのバッテリーバリューチェーンにおいて重要な役割を果たすことができる理由があると考えています。

「バッテリー生産は非常にエネルギー集約型であるため、手頃な価格の再生可能エネルギーに簡単にアクセスできる場所が最適です。」

彼はまた、ノルウェーの産業は、ニッケル、コバルト、グラファイト、銅の精製に加えて、かなりの量のアルミニウムとシリコンを生産していると指摘しています。

「私たちはすでにリチウムイオン電池に使用される材料の多くを生産しています。 ノルウェーの企業は、特定の品質基準を満たす必要のあるハイエンド素材の提供を専門としています。 これにより、ノルウェーの産業における材料加工に関する知識とスキルの集中が高まりました」とMaltby氏は言います。


【海外| 電気自動車EV普及率が高く環境先進国との呼び声の高いノルウェーさんが、バッテリー製造に本腰を入れ始める。】の続きを読む